2017年2月11日はペンタクル8

2017年2月11日(土)

🌟ペンタクル8

昨日に引き続き8が出ました。
ソードは知性を象徴し、内面での活動です。

感情に左右されることなく覚悟を決めて
一歩前へ踏み出したら次はペンタクルが受け持つ
現実世界で在り方を問われます。

描かれた人物はもっと学びたいという意欲にあふれ、
目の前の仕事に没頭しています。

今は何かを手に入れるために一心に努力するとき。

その結果に目を向けるのではなく
現在起きている出来事に集中することで、
予期しない幸運や恩恵へと導かれます。

また、この人物は山奥にこもって孤独に
鍛練しているのではありません。
背景に描かれた街や人々に貢献したい思いが
結果をより素晴らしいものにします。

【東京での鑑定・レッスンスケジュール】
2月12日(日)20:30~21:30
2月13日(月)受付終了いたしました。
2月14日(火)10:00~11:00

3月12日(日)~14日(火)

鑑定料金 15,000円(1時間)

#タロット #tarot #ワンオラクル #占い #今日の占い #紫微斗数 #数秘術

2017年2月10日はソード8の逆位置

2017年2月10日(金)

⚔️ソード8の逆位置

抑圧されていたものから解放される日。

視野を広くして、自分の枠を外し、
もっと大きな可能性が目の前に開けていることを発見する。

足元にあふれてきた水はとても冷たいけど、
思いきって飛びこめば
無力だと感じていた自分の力を取り戻すことができる。

見た目はちょっと深刻なカードですが、
逆位置になると動け動けと励ましてくれる
優しいメッセージを持っています。

喜久子さんのお誕生日なので、
いただいた招き猫さんと共に🐱🎶

【東京での鑑定・レッスンスケジュール】

2月12日(日)19:00~20:00、20:30~21:30
2月13日(月)受付終了いたしました。
2月14日(火)10:00~11:00

3月12日(日)~14日(火) .
鑑定料金 15,000円(1時間)

#タロット #tarot #ワンオラクル #占い #今日の占い #紫微斗数 #数秘術

2017年2月、3月東京鑑定会のご案内

こんばんは。
田中ゆふです。

Facebookで先にご案内しておりますが、
2月と3月の東京鑑定会スケジュールが決まりました。

2月は残り5枠です。

*****************************************
2月東京鑑定会
12日(日) 19:00~20:00、20:30~21:30
13日(月) 受付を終了いたしました。
14日(火) 10:00~11:00

3月東京鑑定会
12日(日)~14日(火)
※ご依頼を承った後に日程調整をさせていただきます

鑑定料:1時間 15,000円
*****************************************

名古屋での対面鑑定は随時受付しております。

お問い合わせは以下の窓口がございます。

Twitter のDM
Facebook のメッセージ
yufuアットマークtanakayufu.com へメール
ご存知の方はLINEからもどうぞ。

感謝するなら自分自身に

こんにちは。
田中ゆふです。

最近ちょっとお腹痛いな~
くらいに思っていたら
11月16日の深夜から激痛になりました。

鑑定をなんとか終えて病院に駆け込むと
そのまま入院。

パソコンを持ち込むこともできず
エキサイト電話占いは急なお休みとなって
ご迷惑をおかけしました。

今はすっかり元気になりましたので
引き続き、よろしくお願いいたします。

復帰してすぐに鑑定をご依頼をいただきました。
ほんとうにうれしいです。
ありがとうございます。

本日のブログは、
ちょうど先ほど終えた鑑定の中で
これは危険だと思ったことについて。

前回、縁切りと縁結びをテーマに書きました。

その縁切りの方法で結構よくいわれるのが

「相手に感謝して縁を切りなさい」

ということなんですが

こんなこと、できなくていいですよ!

相手に感謝できない自分がダメだとか
余計な、問題ですらないことで
自分を責める結果になったら本末転倒です。

そもそも感謝できない相手だから
縁を切りたくなっているのに
憤りや苦しさを我慢して無理やり感謝することに
弊害はあっても良いことはありません。

感謝するなら、苦しんできた自分にしてください。
傷ついても、悲しくても
その縁を大切にしようとがんばった自分に

「よくがんばってくれて本当にありがとう。
でも、もういいよ。
この縁は手放そう」

と言えるほうが、ずっと心にやさしいです。

縁を切るのは相手によりますが
精神的にとても疲れることです。

だから、自分の心に負荷をかけるのではなく
労わりながら、前へ進むことを考えてほしいんです。

ぜひ、心が喜ぶようなあったかい休日を
おすごしくださいませ☆

縁切りと縁結び

こんばんは。
田中ゆふです。

昨年は妊娠出産だけでなく
ほんとうにいろいろあった一年でした。

問題の渦中にいるときは
乗り越えることに集中するので
そこにどんな意味があるかなんて
考えるのは後回しになります。

10月31日の新月前後でようやく
昨年の振り返りをはじめられました。

問題が解決した気になっていたことから
何を学び、今後にどう活かすのかを
整理してまとめる一週間。

その総仕上げとして
神社へお参りをさせていただきました。

手放すべきご縁は断ち切り
大切なご縁を結びなおす。

気持ちのままに流されると
必要のないものや悪影響のあるものまで
ずっと手放せずに留まってしまいます。
それではどこへも進めません。

毎日お風呂に入ったり、お掃除をするように
ご縁のお手入れも定期的に行います。

なんとなくではなく、自分で決めることが重要です。

これはいらない。これは必要。
これは自分を不幸にする。これは自分を幸せにする。

今回の私の場合は人生に関わる問題だったので
神様のいらっしゃる神社で
きっちりと縁切りと縁結びをしてきました。

自然に囲まれた境内で瞑想もして
身体のすみずみまで洗い流した気分です。

大切なのは
自分の芯を揺るがさないこと。

信じすぎず、疑いすぎず。
馴れ合わず、争わず。

長くかかりましたが
年明け前に区切りの日を
迎えられて安心しました。

この学びがどこかで苦しんでいる
お客様のお役に立ちますように。

紫微斗数とは? その1・12宮について

こんばんは。
田中ゆふです。

私は基本的に2種類の占術を用います。

一つ目は、人生全体を俯瞰することのできる
紫微斗数占星術。
「しびとすうせんせいじゅつ」と読みます。

二つ目は、近未来をきめ細かく見ることのできる
タロット占い。

タロットはかなりメジャーなので
ご存知の方が多いと思います。

一方、紫微斗数は日本での知名度は
まだまだ低く、使い手も少ないです。

鑑定するためには生年月日だけでなく
生まれた時間と場所が必要で
これがわからないと命盤(めいばん)を
作ることすらできません。

命盤は紫微斗数のホロスコープのことです。

命盤には12の宮があります。

それぞれの名称と何を表すかは
以下の通りです。

1.命宮(めいきゅう)
  自分自身。

2.兄弟宮(けいていきゅう)
  兄弟や友人。
  年齢も場所も近しい人との関係。

3.夫妻宮(ふさいきゅう)
  恋人や配偶者はどんな人物か。

4.子女宮(しじょきゅう)
  子供との関係。性的な能力など。

5.財帛宮(ざいはくきゅう)
  財運の安定度や手にする金銭の多寡。

6.疾厄宮(しつやくきゅう)
  健康運と遭遇しやすいトラブル。

7.遷移宮(せんいきゅう)
  対人関係と良好などの移動運。

8.奴僕宮(ぬぼくきゅう)
  年下の者、部下、生徒との関係。

9.官禄宮(かんろくきゅう)
  仕事運や適職、試験運や名誉運。

10.田宅宮(でんたくきゅう)
  不動産運、家庭運。

11.福徳宮(ふくとくきゅう)
  精神的安定度、趣味の傾向。

12.父母宮(ふぼきゅう)
  両親との縁。目上の人との関係。

人生で起こるすべてのことに対応しています。
この12宮に38個の星が入ります。

どの宮に、どんな星が入るかで
その人の運勢や傾向を読み解きます。

ちょっと長くなったので
星の話はまた次回に。

かわいいおはなし

こんにちは。
田中ゆふです。

深夜に70代の女性からお電話がありました。

好きな人が今どんな気持ちでいるのか知りたくて眠れないから
初めて占いを頼ったそうです。

タロットでお相手の気持ちを見ると
激しさはありませんが
とても大切に思っている穏やかな愛情を感じるカードが並びました。

ご心配されることはありませんよ。
ちゃんと愛されていますから。

そうお伝えすると、安心されたお声で

「彼のお部屋のあかりが消えたのに
おやすみのメールが来なかったから
何かあったのかと思ったの」

とのこと。

お互いの家が見えるほどご近所に住んでいて
お連れ合いを亡くされてから出会われたお二人。

毎日どちらかのお家ですごしたり
たまに旅行をしたりするけど結婚をする気はなく
茶飲み友達のような関係。

毎晩おやすみのメールが来たら
彼の家のあかりが消えて
それを見届けてから眠るのが日課なのだとか。

後日、このお客様から感想メールをいただきました。

彼から次の日の朝一番に

「疲れて寝てしまっておやすみの挨拶ができなかった。
申し訳ない」

と謝られたそうです。

お互いをいつくしみあって
お互いの最期まで一緒にいる。

そういう静かな営みが
なんていとおしいんだろうと
胸がいっぱいになりました。

言葉より、ごまかせない行動を見る

こんにちは。
田中ゆふです。

いきなりですが、不倫という行為の是非は
ご本人が一番よくわかってらっしゃると思うので
それを問うことはしません。

苦しんだ末に打ち明けてくださっているお客様の心が
少しでも楽になることだけ考えています。

お客様のより良い未来を見つけるお手伝いがしたくて
占い師をしていますので。

以上を大前提として
今日は少し身もふたもない話をします。

不倫にもさまざまな段階があるのですが
ご相談をいただいて感じるのは、
別れる意思のある方はすぐに行動するということです。

ダブル不倫でどちらの家庭も崩壊しつつある場合や
配偶者と本当にうまくいっていない場合は
半年から一年で離婚されています。

別れると言いながら何年も動きがない方は、
残念ながら配偶者や家族がいるという安定を確保しつつ、
恋愛も楽しみたいのが本音です。

さまざまな理由があり、
それが別れないご自分を正当化することになり、
相手への罪悪感を軽くもしています。

相手を信じて待つことに疑問を感じるなら、
その直感は正しいと思います。

結婚がゴールになくても、
その人を愛し続けられますか?

恋愛する前に必要なこと

こんにちは。
田中ゆふです。

今回は前回の続きです。
カードからのメッセージは

「彼女は何かに邪魔をされて、
正しい判断ができなくなっています。

彼女を大切にしてくれる男性を今見つけることは難しいので、

その根本の原因を取り去ることから始めましょう」

というものでした。

男運の悪さを嘆くお客様が、
改善すべき根本の原因とは一体何なのでしょう。

彼女の状態に出ていたワンド5の逆位置は
内面で起きている葛藤を、

ソード8は何かに縛られているか、
身動きの取りづらさを示しています。

具体的には何にそう感じてらっしゃるのか質問してみました。

「私の中というか、家の中が窮屈には感じています。
トランクルームを借りるか、
自分だけ家を出たいくらいなんです」

「恥ずかしい話なんですが、
自分の部屋にモノが多くて入れないから母の部屋で寝ています。
もう15年くらい床を見てないかも」

「母の部屋にも私の荷物があるので、
毎日片付けるよう言われるんですが、
家に帰るとやる気がなくなります」

そんな状態なのに、その日もお買い物をしてしまう彼女。

欲しくなると買ってしまい、
帰宅すると袋ごと自室の前の廊下に置いて溜まっていくそうです。

部屋の中と頭の中はリンクします。

開かずの間と化している自室が、
男運の悪さの原因だと確信しました。

「そのお部屋を綺麗にできたら
素敵な男性と巡り会う可能性が生まれます」

彼女はその日

「そんなものですかね?」

と不思議そうなお顔をするだけでした。

そこから1年以上、
恋愛のご相談を受けて最後にお部屋の片付けを提案し続けました。

気持ちと行動を変えるのは、
ご本人にとって大きなストレスになります。

それが幸せになるために必要だとしても、
簡単には納得できないものです。
時間をかけてゆっくり受け入れてもらいました。

1年半ほど経った頃、

「自分では片付けられないから業者に頼んでみようかな…」

とおっしゃってくださいました。

目の前でスマホを取り出し業者を探されると、
女性スタッフのみで
プライバシーへの配慮が感じられる会社を発見されました。

「見積もりのネット予約をします。
目の前で見ててください」

と言われ、そのご様子を見守りました。

無事に予約をされたあとのお客様は本当に晴れやかなお顔で、

「これであの部屋が綺麗になるかも。
窓から空気の入れ替えもできるかも」

とおっしゃってくださいました。

そこから2週間ほどしてからLINEに

「先生!15年ぶりに床が見えました!
段ボールに25箱処分しました!」

と大喜びのスタンプとともにご報告いただきました。

もともと恋愛体質でもあるので
相変わらず好きな人はできやすいご様子ですが、
関係を進める前に

「私が幸せになれる相手かな?」

と、立ち止まるようになられています。

ご相談いただく男性もカードから誠実さを感じたり、
大切な人だと思われている大アルカナの数が増えてきました。

応援したくなる恋愛をされている彼女とお話していると、
人間はちゃんと変わることができるんだなと嬉しくなってしまいます。

恋愛以前に

こんにちは。
田中ゆふです。

本日は、

「男運が悪いんです!」

と駆け込んでくださったお客様の鑑定です。

対面鑑定だったのですが、
ご相談よりもまずお客様の荷物の多さが気になりました。

ショルダーバッグとボストンバック、
お買い物をされたのか袋が4つ。
さらに日傘もお持ちだったので、
鑑定をしたお店に入るのも大変そうでした。

質問すると、
紙袋のうち2つはその日に購入したもので
残り2つはカバンに入らなくて紙袋に入れた私物とのことでした。

お客様の情報として確認したあと、
恋愛のご相談に入りました。

現在気になっている男性が3名いらっしゃるとのことで、
それぞれの方についてタロットで彼女に対するお気持ちを拝見しました。

すると、タロットにおいて重要な意味を持つ大アルカナがほとんど出ず、
彼女を恋人と認識している男性は一人もいませんでした。

むしろ金銭的にメリットを感じるとか、
利用したいと思っているようなカードが出たので、
彼女にとっては避けるべき人たちです。

3名の男性の中から結婚につながる相手を
見つけようとされていた彼女の落胆ぶりは、
占ったこちらが申し訳なくなるくらいでした。

お話を伺うと、彼らにお食事をご馳走したり、
ささやかなプレゼントをまめに送ったりされていたそうです。

がんばっているのに相手からの連絡よりもこちらから誘うことのほうが多く、
彼らに好かれている実感が得られず
鑑定のご依頼をしてくださったとのこと。

そもそも一人に絞るのが不安で
気がついたら3名になってしまったが、
どの男性とも似たような雰囲気になってしまうともおっしゃるので、
彼女自身についてタロットで見ることにしました。

すると不安の象徴である月や、
視界が狭くなっている隠者の逆位置、
何ものかに縛られて身動きがとれなくなっているソード8、
心身ともに消耗しているワンド5の逆位置など、
ネガティヴなカードがどんどん出てきます。

カードからのメッセージは

「彼女は何かに邪魔をされて、
正しい判断ができなくなっています。

彼女を大切にしてくれる男性を今見つけることは難しいので、
その根本の原因を取り去ることから始めましょう」

というものでした。

ここから先は彼女からお聞きするしかありません。